こんなにいた、すっぽんの仲間たち

タイコガシラスッポン

 

すっぽんといえばわれわれ日本人は食用のすっぽんをまず思い浮かべると思いますが、それはすっぽん全体に対してごく一部にすぎません。
実はすっぽんの仲間は世界中に多くの種類がいて、様々な形態で暮らしています。
ここではそのいくつかをご紹介していきます。

 

キョクトウスッポン

まずは我々の住む日本にいるすっぽんですが、別名キョクトウスッポンとも呼ばれています。
体長は成長すると40cm前後になります。

 

もともと日本の本州以南に住んでいましたが、食用として養殖が盛んに行われるようになると養殖場からの脱走などで日本各地に生息地が広まったとみられています。

 

甲羅は他のカメよりも柔らかく、人間の力でも容易に曲がります。
このため、水中の岩の隙間なども自由に動き回り活動しています。
また、性格は臆病なため触ろうとすると噛みついてきます。

 

ヒラタスッポン

続いて、ヒラタスッポンという種を紹介します。
このすっぽんは東南アジア(タイ・インドネシア・マレーシア)に生息し、
体長は日本のすっぽんよりもやや小ぶりな30cm前後になります。

 

体に比べ頭が大きく、甲羅の形が長方形に近いのが外見上の特徴です。
また、生まれたばかりの時は頬に赤い斑点があります。
日本にもペット用として少数が入ってきているようです。

 

タイコガシラスッポン

次は最大種のすっぽんです。名前はタイコガシラスッポンといい、タイの西部に生息します。
特徴はなんといってもその体長で、甲羅の長さは最大で140cmにもなりますが、
甲羅に対して頭はとても小さく、見方によっては愛嬌のある体形です。

 

実はこの種は最近まで認められていませんでした。
なぜかというと、このすっぽんにとてもよく似たインドコガシラスッポンという種と同種と考えられていたためです。
現地では食料として捕獲されているために数が激減していて、絶滅が危惧されています。
日本にもごく少数ですがペットとして輸入されていたようです。

 

いかかでしょうか。
ここで紹介できなかったすっぽんの仲間は他にも多数ありますが、
どれも個性的な種がそろっていて、興味深いものがあります。

すっぽんの生態とは?

日本では主に料理の材料や、ペットとして飼育されることで知られるすっぽんですが、
詳しい生態を知っている人は少なく、他のカメと同じような扱いなのではないでしょうか?

 

ここではその知られざる生態をいくつかご紹介します。

 

日本に生息しているすっぽんは、分類的には爬虫綱カメ目スッポン科キョクトウスッポン属に分類されるカメであり、別名キョクトウスッポンまたはシナスッポンと呼ばれています。

 

川

 

日本における生息地は広く、多くの川・池などで見かけることができます。
体長は約40cmほどで、緑色をしています。

 

甲羅は他の一般的なカメの甲羅に見られるような多角形の模様は無く、甲羅自体も他のカメに比べると柔らかくできています。
また、すっぽんの首は非常に長く、捕まえようとすると思わぬ距離から噛みつかれたりします。

 

すっぽんのオスメスの区別は小さいうちは非常に見分けがつかず、成長してもメスに丸みがあり、尾がやや短いという程度にしか判断材料がありません。

 

一説にはすっぽんは環境によって雌雄が入れ替わるらしく、成長したメスばかりを水槽に入れておくと何匹かがオスに性転換してしまうと言われています。

 

また、すっぽんは他のカメと同様に冬眠をします。
気温が10℃を下回ると、砂の中に潜り冬眠するわけですが、この期間が10月〜4月ごろまでと非常に長いのです。

 

その間餌は一切食べずに過ごすので、その生命力の強さがわかります。
すっぽんが精力増進などによいと言われているのは、この生命力の強さからです。

 

繁殖期は5月に交尾を行い、6月〜8月ごろに陸上で産卵を行います。
余談ですが、すっぽんには雨の多い年がわかるらしく、雨が多い年には川の水面から離れた安全な場所に産卵するという習性があります。
より多くの子孫を残すための神秘的な力ですね。

 

いかがでしょうか?
すっぽんにはこのような生態がありますが、知らなかったことが多いのではないでしょうか?
今度川や池の近くに行ったときはすっぽんがいないかチェックしてみましょう。

すっぽんを飼う時ののポイントは?

水族館

 

すっぽんは、食用として広く知られていますが、実は飼育用(ペット)としても増えてきていて、
ペットショップでも販売されています。

 

亀の仲間であることから、飼育も簡単で手間がかからないと思われていますが、
いくつかのポイントを抑えていた方が良いでしょう。

 

飼育環境を整える

日本に生息してるすっぽんは、ニホンスッポンが主になります。
また、食用として養殖されているのもこのニホンスッポンですが、実は神経質な性格で、飼育が難しい部類に入るので、まずは飼育環境を整えることから始めましょう。

 

水槽のサイズは大きめの90〜120cmクラスものを選び、水槽の底には砂を敷いてあげると、すぐに環境に適応してくれます。
これは、すっぽんは砂に潜る習性があるからです。

 

また、水からあがって日光浴ができる陸地を準備してあげるのも忘れないようにしてください。
あと、水温は25度以上を保つようにして、冬眠をさせないようにしてください。

 

すっぽんのエサ

次にすっぽんのエサですが、基本的にすっぽんは肉食なので、飼育するときも生のエサをあげてください。
具体的には鶏のささみ、ミミズ、川に生息する貝類(シジミ・タニシ)などが好物のようです。

 

もし、生のエサが手に入らない場合は、人工飼料でも代わりになりますので、
ペットショップなどで入手してください。

 

また、エサを食べない個体も稀にいますが、焦らずに生きた貝類を与えて様子を見てください。
しばらくすると環境に馴染んで、食べてくれるはずです。

 

日光浴

あと、すっぽんの飼育で重要なのが、日光浴です。
すっぽんに1回10分ほどでいいので週に3回程度日光浴をさせてあげてください。
そうすることで、骨や甲羅の成長が進んで丈夫な体に成長していきます。

 

また、日光に当たることで病気の予防にもなります。
注意点としては、夏場の熱射病にはくれぐれもご注意ください。

 

いかがでしょうか?ここで紹介したポイントを押さえていけば、
すっぽんの飼育もそれほど難しくはありませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

すっぽんの驚きの効果

すっぽんというと、テレビや雑誌の広告などでたまに特集されていて、なんとなく「効きそう」なのはわかる。
興味もあるのだけど、どうも胡散臭いような気がするし、おいしいのか分からないものに高いお金を出してまで食べたくはない。そんなイメージだと思います。

 

スッポン鍋

 

ここでは具体的にはすっぽんにはどのような効果があるのかをいくつかご紹介します。

 

すっぽんとは、カメ目スッポン科のキョクトウスッポン属に分類される体調40cmほどのカメです。
日本ではもともと本州から南に自然に生息していましたが、
養殖目的などで飼われていたものが逃げ出したりして、その生息地はかなり広いようです。
甲羅は他のカメと違って柔らかく、攻撃的で物を噛む力が非常に強く注意が必要です。

 

日本では古くから(一説では縄文時代)食されていて、おいしい出汁が出ることから、
日本料理では高級食材として使われています。

また、漢方薬の材料としても人気が高く、中国でも人気が高いようです。

 

気になるその効果ですが、すっぽんには必須アミノ酸・コラーゲン・リノール酸・ビタミン・タンパク質・亜鉛・鉄分などの栄養が豊富に含まれており、主に男性には、精力増進、女性には美白作用でシミやくすみに効くなどの美容の効果、またそのほかにも、滋養強壮、疲れがたまってしまった時の疲労回復にも効果が高いなど、その効果は非常に多いです。

 

そのため、鍋にしたり生血を飲むなどの料理として出されるほかに、甲羅を粉末にして精力剤にしたり、すっぽんのエキスを入れた健康サプリメントとして販売していたりします。

 

このように、すっぽんには体によい効果がたくさんあります。
これがすっぽんは古くから食べられてきた理由です。

 

いきなりすっぽん専門の料理店にいくのはちょっと気が引けるという方も、
サプリメントとしてたくさんの種類がネットなどで販売されていますので、
まずはそこからお試しして、すっぽんの効果を実感するのはいかかでしょうか?

 

サプリですと、今、こんなスッポンサプリが、人気のようです。
すっぽん小町の口コミ効果を全暴露※見てはいけない危険写真